カーメンテナンスの流れ

まずは車内の清掃から

車のメンテナンスは、自分でも出来ることから始めるのがポイントです。流れとしてまずは、車内の清掃から取り掛かるのが良いでしょう。
普通に車で走っているだけでも、車内には自然とほこりなどの汚れが発生していきます。快適なドライブをするためにも、車内はきれいにしておきたいものです。
自宅の駐車場で掃除機を使うとなると、コードの長さによっては難しいこともあるかもしれません。そんなときは、ガソリンスタンドや洗車場へ行き、車内清掃用の掃除機を利用すると良いでしょう。
車内にごみ箱を置いている場合は、運転の邪魔にならないように設置することも大切です。不安定な場所に置くときは、倒れないようにしっかり固定しておくと安心でしょう。

ウォッシャー液とタイヤの空気圧を確認

車内をきれいにできたら、次に消耗品をチェックしていきます。意外と忘れてしまいがちなのが、ウォッシャー液の補充です。
運転席からの視界を良くするために、ウォッシャー液は欠かせません。撥水効果のあるものや、油膜を落としてくれるものなど、さまざまなタイプがあります。自分の好みに合わせて選ぶのが良いでしょう。
また、月に一度メンテナンスしておきたいのがタイヤの空気圧です。タイヤの空気は自然と抜けてしまうものなので、定期的なチェックが必要になってきます。適正な空気圧を保つことで、運転の安定性が向上し、燃費の悪化も防ぐことが可能です。毎月のメンテナンスを行う日を決めておけば、忘れることもなく安心して運転できるでしょう。