車検はどのように選ぶと良いの?

業者によって多少変わる事も

車検、皆さんどうされていますか?初年度は3年に一回、その後は2年に一回やってくる車の健康診断ですよね。家に一台ならともかく、2台、3台保有しているとその金額だけでも負担なのではないでしょうか。
一般的に普通自動車でしたら、軽自動車で大体相場は7万~10万程度でしょうか。排気量の多い車で10~13万くらいかと思いますが、その車の走行距離、状態によってはさらに金額が高くなる可能性も。
そもそも車検業者は正確に言うと、車検代行業者になります。車検の正式名所は『継続検査』といって、国が定める検査で、この検査に通ってない車は日本の車道を走ることはできません。車検業者はこの検査場に車を持って行ってくれる業者ということになります。
国が定める検査なので、車検料はどの車も最低限の金額はかかってきます。内訳は簡単に法定点検量、検査料や税金など。この金額はどこの業者で受けても変わりません。では、金額の差は何かというと、車検代行手数料と整備料になってくるのです。

少しでも安いほうがいいの?

ではどこで受ければ安いのか。答えは何社かの見積もりを取って決めるとその差は出てきます。今は、車検業者も数多くあり、車検専門業者だけでなく、ディーラー、中古車販売店、ガソリンスタンドなどなど、車に関わっている業者であればほとんど引き受けてくれるはずです。
各社、少しでもお客さんを得るためにいろいろ特典を付ける業者も目立ってきました。日用品のプレゼントや、ガソリンの割引などなど。もちろん、あまり知られていませんが自分で行くこともできるのです。ただし少し面倒ですが。
ただ注意したいのは、あくまでも安全に運転できるための検査です。安いだけを目的に業者を決めないことも大事でしょう。良心的な業者は、安全の為に今この部品を変えておくべき・・・などアドバイスをくれることもあります。自分の大事な車、大切な命を乗せる車ですので、安全第一で車検を受けたいものです。